ゲーミングPC

普通のPCでゲームはできる!? ゲーミングPCとの違いを4つ解説

 

 

クーマロ
クーマロ
こんにちは、クーマロです。

 

今回は、ゲーミングPCと他のPCを比較していきます。

 

この記事の内容

・ゲーミングPCと普通のPCの違い

・ノートかデスクトップどっちが良いか

・ゲーミングPCにする意味はあるの?

ゲーミングPCを買うかどうか迷ってる方がいたら、必見です。

 

また、他のPCを買うか迷ってるという方も多いでしょう。そんな方に向けて、ゲーミングPCと他のPCの違いを解説します。

この記事を読み終わるころには、自分んがどのタイプのPCを買うべきか、知ることができます。

 

ゲーミングPCと普通のPCの違い

 

早速ですが、ゲーミングPCと普通のPCを比較していきます。

ゲーミングPC特有の機能も多くあります。普通のPCと比較することによって、新たな知見が得られますよ。

 

・独立したグラフィックボード

・高スペックなCPU

・電源ユニット

・カスタマイズ性が高い

この4つが、ゲーミングPCと他のPCの違いです。

 

「グラフィックボード?」、「CPU?」という方のために、

順に解説します。

独立したグラフィックボード

グラフィックボードとは、映像をモニターに映し出すものです。略して、”グラボ”と呼ばれたりします。

ゲーミングPCには、必ず高性能なグラボが搭載されています。鮮明な映像でゲームを楽しむ場合、高性能なグラボを搭載しておく必要があります。

特に、3Dゲームを楽しみたいという方は、グラボが必須になります。

 

でも、「独立してるってどういう意味~~?」

って思いますよね。

 

一般的なPCは、グラボがCPUに内蔵されています。つまり、独立していません。

ゲーミングPCの場合、グラボが独立して搭載されているため、グラボの性能も高い傾向があります。

つまり、一般的なPCで3Dゲームをするのは難しいのですが、ゲーミングPCだとサクサク動かせるということです。

 

難しい話はどうでもいいのですが、とにかく高性能なグラボを積んでいるということを知っとくだけで十分です。

 

高スペックなCPU

CPUとは、演算処理装置です。パソコンの”脳”と呼ばれたりします。

CPUの性能が直接的にPCの性能に関わってきます。

 

ゲーミングPCの場合、このCPUが高性能なものが搭載されています。

具体的に言うと、「Intel Core i5」以上のCPUが最低限備わっていなければなりません。なぜなら、ゲームをする場合、PC自体が高い処理能力がなければ、動かすことがでないからです。

 

このCPUが一般的なPCと比べると、高性能なものが積まれているということだね。

 

 

電源ユニット

電源ユニットとは、PCパーツに電気を供給するものです。

 

先ほども説明したのですが、ゲーミングPCには、高スペックなパーツが多く使われています。そうなると、消費電力も多くなってしまします。

そのため、余裕のある電源ユニットがゲーミングPCには、備えられています。

それに比べて、普通のPCの電源ユニットは、高電力まで対応していないのがほとんどでっす。

 

GPU、CPU、メモリなどに電力を供給するには、電源ユニットも大事になってくるということです。

 

カスタマイズ性が高い

ここまで、普通のPCと比べると、高性能なパーツが取り付けられてると解説してきました。

それに加えて、カスタマイズ性が高いのも、ゲーミングPCの特徴になります。

 

BTOメーカーで注文すれば、自分の好きなパーツでPCを作ることができます。

つまり、CPU、グラボ、ストレージ、メモリ、ケースを自分の好きなようにカスタマイズできるということです。

 

もちろん、普通のPCもBTOメーカーで注文できるのですが、ゲーミングPCほどのカスタマイズ性の高さはありません。

 

 

普通のPCでゲームはできるのか

これで、普通のPCと他のPCの違いを理解できたはずです。

 

でも、「普通のPCでゲームはできるの?」

って思いますよね。

結論から言うと、できません。

 

もちろん、カンタンなパズルゲームとかは普通のPCで使うことができます。しかし、ここでいうゲームは、Apex・COD・PUBGなどです。

そういったFPSゲームは遊ぶことができません。

 

そもそもグラボ性能が低ければ、高画質でのゲームはすることができません。また、メモリやストレージの容量が小さければ、ゲームそのものをプレイすることができません。

つまり、ゲームをするには、ゲーミングPCが必須ということです。

 

逆を言えば、ゲーミングPC並みの性能があれば、普通のPCでもゲームをすることができます。

でも、そこまでハイスペックなPCはないというのが現状です。

 

他のPCとの違い

 

ここからは、様々な種類のPCとの比較です。

ここまで、普通のPCとの比較をしてきましたが、普通のPCといっても色々あります。例えば、動画編集PC、仕事用のPCなどです。

 

そこで、この2つのPCとゲーミングPCを比較していきます。

・クリエイターPC

・ワークステーション

 

動画編集・画像編集などの「クリエイター系に興味があるよ」という方は、ぜひ参考にしてください。

クリエイターPCとの違い

クリエイターPCとは、動画編集、画像編集、3Dモデリングなどを行うパソコンのことを言います。つまり、名前の通りクリエイター向けのPCということです。

 

ゲーミングPCとクリエイターPCの違いは、主に2つあります。

・グラボ

・メモリ

※ここからは内容がやや難しくなります。

 

ゲーミングPCに使われるグラボは、NVIDIA GeForceというものがほとんどです。

それに比べてクリエイターPCの場合、NVIDIA Quadroというグラボが使われます。

 

NVIDIA Quadroの場合、様々なクリエイターソフトウェアに対応しているため、高度な編集がしやすいのが特徴です。

 

また、動画編集などでは、膨大なメモリ容量を使用します。なので、ゲーミングPCと比べると、メモリ容量が大きいのが特徴です。

 

まとめると、動画編集などを本格的にやりというという方には、クリエイターPCがオススメです。

そうでない場合、わざわざ買う必要はありません。ゲーミングPCでも動画編集・イラスト作成は余裕で行うことができますからね。

 

ワークステーションとの違い

ワークステーションとは、業務用の高性能PCのことです。

CG制作などのクリエイターPCとして使うことができます。また、音声解析・ビックデータ分析とかに使われたりします。

用途としては、クリエイターPCと同じ感じです。

 

「ゲーミングPCと比べるとどうなの?」

と思いますよね。

 

残念ながら、ワークステーションとゲーミングPCを比較することはできません。

なぜなら、用途が全く違うからです。

ゲーム用・仕事用では比べるのが難しくなります。また、CPUやグラボも全く違うものが搭載されています。

 

私から言えることは、ゲームをしたいならゲーミングPCの方が良いです。

ゲーミングPCの方がコスパは最強です。

 

ワークステーションも特別な理由がない限り、買うのはオススメしません。

ノートとデスクトップPCの違い

 

最後は、ノートPCとデスクトップPCの違いを比較して行きます。

 

結論から言うと、ノートPCはオススメしません。

なぜなら、スペックが低いにもかかわらず、値段が高いからです。

 

ノートPCは、すべてのパーツを小型化しています。パーツを小型化すると、値段が高くなってしまうのです。

もちろん、外出先でもPCをするという方は、ノートPCが必須になります。しかし、そうでなければ、ノートPCを買うメリットはありません。

 

外出先でゲームをしたいという方は、ほぼいませんよね。つまり、ゲーミングPCはデスクトップ一択になります。

 

まとめ

 

ここまで、様々なことを解説してきました。

情報量のかったとおもうので、まとめます。

 

・ゲームをしたいなら絶対ゲーミングPC

・クリエイターを本格的にやりたいならクリエイターPC

・ワークステーションは買う必要はない

・デスクトップPCがオススメ

この記事の内容をまとめるとこんな感じです。

 

ゲーミングPCの有用性を分かって頂くけましたか?

機能性も高いのですが、値段も15万円と高いので、購入は慎重にね。

 

最後まで読んでくれてありがとう!