ゲーミングマウス

【レビュー】 Roccat Kone AIMO Remastered 【美しいライティング!!】

クーマロ
クーマロ
こんにちは、クーマロです。

今回は、 Kone AIMO Remasteredのレビューを行います。

公式サイトを見ると、多ボタンマウスのようです。

Roccat製品では、「Roccat Kova AIMO」という多ボタンマウスを使っているのですが、そのマウスとの違いも比較していきます。

見た目もかなり派手でかっこいいので、実物が楽しみです。

クーマロ
クーマロ
購入を考えてる方がいたら、参考にしてください。

 

開封するよ!

それでは開封します!

 

内容物一覧

・マウス本体

・説明書

左サイドにボタンが3つあります。

写真だと見にくいのですが、T1、T2、T3と書いてありますね。

右サイドも手にフィットしやすいよう、へこんでいます。

ボタンが1つもなあったのが、驚きです。

マウス後部にRoccatのロゴが印字されています。

マウスホイール下にも、ボタンが2つあります。

マウス全体ははこんな感じ。

黒い部分は、かなり光沢がありますね。

見た目はゴツいのですが、マウス全体に素朴な高級感があります。

 

製品概要

スペックはこんな感じです。

重さ 130 g
高さ 4.0 cm
8.5 cm
長さ 12.5 cm
ケーブル長 1.8 m
センサー ROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー
最大解像度 16000dpi
最大ポーリングレート 1000 Hz
デザイン 右利き
価格 8191円 2020年9月

マウス自体は大きめに作られています。

実際に他のマウスと比べるとこんな感じです。↓

一番左は「Roccat Kone Pure Ultra」、真ん中は「Roccat Kova AIMO」です。

縦も長いのですが、横幅が広いのが特徴的ですね。

手の小さい方にはフィットしにくく、中~大くらいの方向けですね。

 

また、130gあるので重量感は結構あります。重たいマウスは苦手という方にはオススメできません。

 

感想

次は、実際に使ってみての感想をお伝えします。

マウスホイール

マウスホイールは、ゴロゴロとサラサラ感が融合した感じです。

ゲーミングマウスに良くあるやつですね。サラサラ感がありスクロールしやすく、ゴロゴロ感ではストッパーの役割を果たしてくれます。

しかし、”Kone AIMO Remastered”はやや特殊でヌルヌル感も少し感じられました。

全然悪い意味じゃないのですが、軽く滑るような感じです。(伝わるかな??)

 

クリック感

クリック感はかなり軽かったです。

軽いといってもマウスのクリック感もしっかり感じられるので、程よい感じではあります。

イメージとしては、スッッ → カチッです。(伝われ!)

個人的に、軽いクリック感が好みなので、かなり高評価です。

 

Roccat Swarmで設定

Roccat Swarmでは様々な設定を行うことができます。

光るのマウスホイールとサイドのラインですね。

思ったよりも光る面積がおおきかったので、驚きました。

また、”スネーク”、”ハートビード”、”ブレス”などパターンの変更もできるようです。

ゲーミングマウスの中では、抜いて美しいです。(冗談抜きで)

ライティングについては動画も用意してるので、よかったら参考にしてください。

 

センサー性能

最後に、センサー性能を検証してみます。

使われてるのは「ROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー」というものです。

今回も、ポーリングレートを1000Hz、dpiを400・800、1200で試してみました。

結果は次の通り。

※画像はタップで拡大できます。

点が波線に沿っていれば、良質なセンサーということになります。

画像を見ればわかりますが、一切問題ありませんね。

大きなポインタずれは見当たらないので、ゲームにおいてもストレスなく楽しむことができます。

 

まとめ

これで、Kone AIMO Remasteredのレビューは終わりです。

マウス自体の重量もあるので、FPSゲームには不向きかなとも思っていたのですが、あまりそうではなかったです。

マウスが重い分、エイムの安定度はかなり高まったように感じました。自分の中で重いマウスは敬遠してたのですが、このマウスを使って”新たな可能性?”が見えてきたように感じます。

また、握り心地はとても良く、ボタンも軽い押し心地で、使い勝手に優れています。

 

なにより、ライティングが他のマウスの何倍もきれいです。

ステマ抜きで私のお気に入りのマウスの1つにします。(笑)

 

クーマロ
クーマロ
最後まで読んでいただきありがとうございます。