ゲーミングマウス

【FPSに最適】 Roccat Kone pure owl eye 【レビュー】

クーマロ
クーマロ
こんにちは、クーマロです。

今回は、新しいゲーミングマウス「Roccat Kone pure owl eye」のレビューです。


きれいな流線型の左右非対称のマウスですね。様々な方から評価を得ているマウスですが、実際はどうなのでしょうか?

センサーも「owl eye」というRoccat独自に改良されたものが使われてるらしいので、楽しみです。

 

マウスの機能や使用感を写真付きで紹介します。

購入の参考にしてくれると嬉しいです!

・フィット感バツグン

・手の小さい方でも大丈夫!

・圧倒的FPS向き

開封

外箱はこんな感じ。思ってたよりも大きいです。

それでは、開封していきます。

 

内容物

・マウス本体

・説明書

・ステッカー

中にRoccatのロゴステッカーがあり、驚きました。貼る場所次第では、オシャレになるかもしれません。

 

マウスの左サイドはこんな感じ。

右サイドもへこんでいますね。

コードは布巻。断線の心配はなさそうです。

USB端子にもRoccatのロゴが印字されてます。

マウス後部はこんな感じ。おそらく、このロゴの部分が光ると思われます。

ライティング画像は後で、紹介するのでお楽しみに。

製品概要

スペックはこんな感じです。
重さ 88 g
長さ 11.5 cm
7.0 cm
高さ 3.9 cm
ケーブル長 1.8m
センサー ROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー
最大dpi 12000
最大ポーリングレート 1000Hz
デザイン 右利き
価格 4473円 2020年9月

マウスの大きさは、やや小柄ですね。

同じRoccat製品である「Kain 100 AIMO」と比較するとこんな感じです。↓

※写真ではマウス後部がズレてるように見えるのですが、ちゃんと揃えてあります。

Kain 100 AIMO

長さ→12.4㎝  高さ→4.3㎝  幅→6.5㎝

長さ、高さ、幅ともに小さいのが分かりますね。

おそらく、横幅が狭くサイドがへこんでいるため、体感としても小さく感じるマウスです。

手の大きさが小~中の方にフィットします。逆に、大きい方にはフィットしにくいので、注意です。

感想

良い点

・フィット感◎

・狂いのないセンサー性能

・程よい軽さ

・美しいライティング

悪い点

・サイドボタンが押しずらい

・手の大きい方には合わない

FPSに最適

まず、FPSゲームをする上で、最適なマウスだなと思いました。

その理由は、

・88gと軽量である

・様々な持ち方に対応している

・センサー性能がバツグンである

からです。

マウス重量は、数字を見れば分かるとおり、程よい軽さですよね。

持ち方に関しては、”つかみ持ち”、”つまみ持ち”によく対応しているなと思いまいた。

それも、サイドがへこんで手にフィットしやす形状になっているからだと思われます。

握り心地が良いので、違和感なく手にフィットします。

センサー性能は、記事の後半で紹介しますね。

サイドボタンはやや押しづらい

これは、唯一のデメリットになるのですが、サイドボタンは少し押しづらいなと感じました。

それは、

・ボタンが若干硬い

・ボタン自体が小さい

に原因がありますね。

私自身、以前までサイドボタンが柔らかく、大きめのマウスを使っていたので、それに比べると少し押しづらいなと感じました。

まぁ、馴れれば一切問題ないんですけどね。

購入する前に前提として押さえておくとよいでしょう。

Roccat Swarmを用いたライティング

Roccat Swarmでは以下の設定を行うことができます。

・dpi

・スクロール速度

・ライティング

・キャリプレーション

・ポーリングレート

・ボタン配置    などなど

もっと多くの設定ができるのですが、重要な設定はこれくらいでしょう。

光るのはロゴの部分のみです。

写真では、紫に光らせてるのですが、色のバリエーションはもっと多いです。

また、光のパータも変更でき、自分の好みに合わせてカスタマイズできます。

センサー性能

最後に、マウスのセンサー性能を調べてみましょう!

毎度ながら、「Mouse Teaser」というソフトを使っていきます。

今回は、ポーリングレートを1000Hz、dpiをそれぞれ400、800、1200で調べてみました。

結果は次の通り。

※画像はタップで拡大できます。

見た感じ問題ありませんね。

ドット(点々)が波形に沿っているため、ポインタずれは見当たりません。

使われてるセンサーは、PixArt PMW3361にRoccatが改良を加えた”Owl eye”というものらしいです。

クーマロ
クーマロ
製品名になってるだけあって、文句なしの性能です。

 

 

まとめ

結論、FPSゲーマーにとてもオススメできるマウスです。

とても持ちやすく手にフィットするので、エイムのしやすさは確実に保証できます。

見た目もスタイリッシュでかっこいいので、万人受けするかと思います。

念のためもう一度いいますが、サイドボタンは少し押しづらいです。

 

クーマロ
クーマロ
最後まで読んでいただきありがとうございます。