ゲーミング用品

【レビュー】 hp 25x ゲーミングディスプレイ 【144Hzはすごかった】

 

クーマロ
クーマロ
こんにちは、クーマロです。

 

今回は、hpのゲーミングディスプレイのレビューです。


「hp 25x ゲーミングディスプレイ」を実際に購入したので、その感想をお届けします。

144Hzでコスパもかなり良いモニターでした。細かなセッティングの部分も写真付きで紹介します。

 

クーマロ
クーマロ
購入の参考にしていただけると嬉しいです。

開封

 

外箱はこんな感じ。。

 

↓内容物はこんな感じ。

内容物一覧

・ディスプレイ本体

・ディスプレイ設置台

・電源コード

・HDMIコネクタ

・サポートガイドおよび製品注意事項

もう1つQuick Setupという”モニター設置について分かりやすく説明された紙”があったのですが、撮るのを忘れてました。(汗)(-_-;)

 

まず、ディスプレイ本体と設置台をつなぎ合わせます。

1つのネジを回すだけでつなげることができました。ドライバーなどの道具もいらないので、誰でもできますね。

 

あとは、HDMIコードと電源コネクタを繋げれば、設置完了です!

スペック解説

ここからは、具体的にスペックの解説をしていきます。

モニター表示サイズ 24.5インチ
解像度 フルHD(1920×1080)
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
最大輝度 400cd/㎡
種類 TNパネル
スピーカー なし
NVIDIA® G-SYNC™ 対応
価格 19,990円(税抜) 通常価格29,990円

ざっくりと性能を挙げるとこんな感じです。

 

フルHD、応答速度が1msでTNパネルなので、標準的なゲーミングモニターといった感じです。また、リフレッシュレートが144Hzであるのも特徴的ですよね。

ここまでのスペックがありながらも、2万円代で買えるのはコスパ良すぎです。

NVIDIA® G-SYNC™にも対応してるのも嬉しいですね。

G-SYNCは、画面の”かくつき”、”ちらつき”を防ぐ機能ですが、高フレームレートでゲームをするなら必須ともいえる機能になります。

 

ベゼル(外枠)は2㎜なのですが、非表示部分を含めると5㎜ほどになります。

 

スタンドは少し大きいかなと思いました。(残念、)

 

ちなみに、背面と前面のコンポートは下記のとおりです。

背面

・電源ポート

・オーディオ出力ジャック

・HDMIコネクタ

・DPコネクタ

前面

・メニューボタン

・機能ボタン

・電源ボタン

・電源ライト

できること

ここからは、hp 25x ゲーミングディスプレイの機能性についての解説です。

ざっくりとまとめると下記のことができます。

・ポジショニング移動

・モニター設定

・LED照明

多様なポジショニング移動

使ってて驚いたのが、モニター可動域の広さです。

 

このモニターは、自分の好みの位置へ上下に調節させることができます。

机やいすの高さに合わせて移動できるので、利便性バッチリです。

最大100mmの幅で高さ調節が可能

 

モニターの傾斜角度も調節可能

 

さらに、モニターの角度を90°回転させ、縦型にして使用することもできます。

 

クーマロ
クーマロ
ここまで、自由にポジショニングを移動できれば、どんな方にも会いそうですね。

モニター設定

 

主に行うことができる設定は下記になります。

・輝度調整

・画面コントラスト

・カラーコントロール

・電力コントロール

・イメージコントロール

・省電力機能

 

表示モードは下記の種類から選択することができます。

・低ブルーライト

・夜間

・読書

・ゲーミング

・動画

写真

私は常にゲーミング設定にしているのですが、場面に合わせて使い分けるのもアリですね。

エモいLED照明

モニター下部にLED照明が搭載されているので、光らせえることができます。

モニターそのものを光らせられるのは、結構珍しいですよね。

↓実際の写真です。

そこまで強い光ではないので、ゲームをする上でも邪魔にはなりません。

ほどよい薄暗さがエモさがあっていい感じです。

ちなみに、色は緑色にしか光らないようです。

使ってみての感想

私的には、「コスパ最強の144Hzモニター」だなと思いました。

1ヵ月使ってみたのですが、映像品質はとくに問題ありませんでした。Apexというゲームをプレイしたのですが、やっぱり144Hzは違いますね。

安い144hzモニターだと残像が残るものがあるようですが、このモニターに関しては一切ありませんでした。

TNパネルなので、輝度変化が大きく、視野角が狭いので複数人で見るような場面には向いてません。(まぁ、ゲーミングモニターなので関係ありませんが。)

また、私の場合、ゲーミングpcと同時に購入したので割引価格で買うことができました。

コスパ的には最強のゲーミングモニターだと思います。初めてゲーミングデバイスを買うという方は、hpで揃えてみるのもアリかもしれません。

 

まずは144Hzに設定しよう

これは、買った後に行う設定なのですが、「まずはモニターの設定を144Hzに設定」しましょう。

モニター初期の設定は60Hzになっています。私の場合、それを知らずに60Hzでゲームをしていました。

ゲーム内設定の垂直同期をいじれば、144Hzでも遊べるのですが、モニター設定そのものを144Hzにしておくことをオススメします。

 

Windowsのモニター設定からフレッシュレートを変えることができます。

 

上位機種との違いは?

hpからも他に何種類かゲーミングモニターが販売されています。

今回紹介した「hp 25x」以外にも購入を考えてる方がいると思うので、軽く違いを解説します。

HP 24x 23.8インチ ゲーミングディスプレイ

これは、「hp 25x」と性能面での違いはないのですが、スピーカーが内蔵されているタイプになります。

私の場合、ヘッドホンをしてゲームをするため、スピーカーは内蔵されてなくても良いのですが、合った方が便利ですよね。

値段的には、2000円ほど高くなるだけなので、スピーカー付きのものを買っておくのも選択肢としてはアリだと思います。

HP公式サイトとで確認

OMEN X by HP 25f ゲーミングディスプレイ

モニター表示サイズ 24.5インチ
解像度 フルHD(1920×1080)
リフレッシュレート 240Hz
応答速度 3ms
パネル種類 TNパネル
表示色 1677万色
スピーカー なし
価格 31,800円(税抜)

こちらは、かなりスペックの高いゲーミングディスプレイになります。

リフレッシュレートは最大240Hzまで出すことができます。また、応答速度が3msなので、ゲームのおいてかなり有利にプレイできます。

その分、値段もかなり高くなるので、お財布との相談ですね。

本格的にゲーミング環境を整えたいという方にオススメです。

HP公式サイトで確認

 

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
これで、hp 25x ゲーミングディスプレイのレビューは終わりです。

クーマロ
クーマロ
Twitterでも呟いてるので、フォローお願いしますm(_ _)m

@kumaroie