ゲーミングPC

【 初心者目線 】 ゲーミングPCを買ったら必要なもの 【 快適な環境を構築 】

 

こみや
こみや
こんにちは、こみやです。

 

今回は、ゲーミングPCを買ったら必要になるものを紹介していきます。

 

ゲーミングPCを買えばゲームができると思ったら大間違いです。例えば、マウス、キーボードなんかは、必須アイテムになります。

また、必須ではないけれど、あると便利なものも存在します。

そんな、ゲーム環境を快適にするアイテムを徹底的に紹介していきます。

 

この記事では、初心者向けに紹介していきます。

でも、「ゲーミングPCの周辺機器のことなんて、知ってるよ!」という方でも、知られていない注意点もあるので必見です。

 

価格面でのハードルもあるので、購入しづらい方もいますよね。その解決策なんかを提示していきます。

 

こみや
こみや
この記事を読んで、ゲーム環境を構築していきましょう。

まずはゲーミングPCをゲット!

 

まず、PCでゲームをしようと思ったら、ゲーミングPCが必要になってきますよね。なので、初心者さんは迷わずゲーミングPCを買いましょう。

 

価格は、15万~20万円くらいが相場です。そのくらいの値段のものを買えば、スペック不足で悩むことはないでしょう。

しかし、ゲーム配信・動画編集も行おうと思ったら、20万円以上のものが必要になってきます。

 

一番やってはいけないのが、安いゲーミングPCを買うことです。スペックが低すぎるので、買ったあとに公開します。PCのパーツは、後からでも交換できるのですが、初心者さんにはオススメしません。

故障の原因にもなりますからね。

 

スペック、メーカーなどのマニアックな知識は、あえて紹介しません。難しすぎて頭がパンクしてしまいますからね。

そんなときは、私のブログで「PCの選び方」を解説しているので、探してみてください!

 

でも、ゲーミングPCを買う上で、パーツの名称や役割、メーカー、相場などの知識は必須になります。

 

 

こみや
こみや
とりあえず、ゲーミングPCは15~20万円くらいするんだね。

 

ゲーミングPCを買ったら必要なもの

 

ここからは、PCでゲームをする方の必須アイテムの紹介です。

ゲーミングPCを買う前から、一式取り揃えておくのもアリかもしれません。

結論から言うと、

・マウス

・マウスパッド

・キーボード

ですね。

順に解説していきます。

 

マウス

ゲーミングマウスの相場は、5千~2万円と幅広いですね。

マウスのクリックの軽さや滑りやすさは、キャラコン、エイムにも関係してきます。

ゲーマーにとって重要アイテムである、マウスは慎重に選ばなければいけません。

 

・有線、無線?

・重さ

・握りやすさ

・メーカー

・デザイン

が判断基準になります。

自分に合ったゲーミングマスを一発で見つけるのは、難しくなります。手の大きさ、指の筋肉などにより、オススメのマウスは変わってきます。

また、ある程度の重さがあるマウスが好きな方もいるし、軽いマウスを好む方もいます。人によっても好みは変わってきます。

それだけ、繊細なアイテムということです。

野球選手だとバット、テニス選手だとラケット。ゲーマーだったらマウスみたいな感じだね。

 

マウスパッド

マウスパッドも大事な要素になってきます。相場としては、1千~5千円くらいです。比較的安いので、買いやすいアイテムでもあります。

・素材

・大きさ

・滑りやすさ

が判断基準になります。

素材によって、滑りやすさや操作感が大きく変わってきます。

 

でも、マウスパッドに関してはそこまで重要なアイテムってわけではありません。

選び方としては、マウスと同じメーカーのものを買うでいいと思います。ゲームメーカーが販売してるマウスパッドは、どれも良品なので問題ナシです。

また、有名なプロゲーマーが使ってるのと同じものを選ぶのもいいと思います。

 

こみや
こみや
まずは、形からだね。

 

キーボード

最後に、キーボードです。

・キーの種類

・キーの配置

・デザイン

・メーカー

・片手キーボード?

が判断材料になります。

 

キーボードは、種類が多くて選ぶのも大変になります。なぜなら、キーには軸というものがあり、それによって押し心地が大きく変わってくるからです。

ゲーム向けのキーボードは、ある程度決まっているのですが、人によって合うか合わないかは変わってきます。

また、ゲーム以外で使う場合、日本語キーボード、英語キーボードのようなキーの配置も変わってきます。

 

押し心地は、実際に使ってみないと分からないので、専門店などに行って確かめるのもアリです。

これも、迷ったら有名なプロゲーマーと同じものを使うのもアリです。初心者だと何が良いのか悪いのか難しいからね。

 

余裕が出てきたら必要なもの

 

ここからは、ゲームをするのに必須アイテムではないけれど、あると良いものを紹介していきます。

・モニター

・ゲーミングチェア

・デスク

は余裕がでてきたら購入する感じで良いと思います。

 

順に解説していきます。

モニター

ゲームをする方なら、モニターは必須アイテムになります。でも、オススメはしませんがTV画面で代用はできます。

ゲーミングPCやマウス、キーボードを買った直後だとお金に余裕がないと思うので、無理に買う必要はありません。

(もちろん、お金に余裕のある方だったら、購入した方が良いです。)

ちなみに、モニターの相場は、2万~4万円くらいです。

TV画面でもできるのですが、オススメはしません。画質が全然違います。

・サイズ

・HD、4K?

・応答速度

・リフレッシュレート

が判断材料になります。

 

こちらも、難しい説明はしません。モニター選びに迷ったら、メーカーで選ぶのもアリです。大手だと、ASUS、Acer、BenQがオススメです。

 

ヘッドセット

もともとゲームをする方だったら、ヘッドセットは持っていると思います。もちろん、イヤホンでも大丈夫です。

特に、PS4やSwitchと比べると、ヘッドセットの選択の幅は広いです。

PCゲームなら、サラウンド機能なども使うことができるようになります。

相場は、1万~3万円くらいですね。

 

・大きさ

・重さ

・音質

・マイク性能

・側圧

が判断材料になります。

 

特に、シューティングゲームをする方だったら、重要になってきます。敵の足音、銃声が聞きやすくなりますからね。

また、ゲーム以外での用途も幅広いので、良いものを購入しておくのをオススメします。

もちろん、お金に余裕のない方は、持ってるイヤホンでも代用はできるので問題ナシです。

 

詳しくは下記で解説しています。↓

https://komiyablog.com/2020/03/15/razerosusume/

 

ゲーミングチェア

 

ゲーミングチェアもあると快適ですよね。長時間ゲームする方だったら、もっておくと便利ですよ。

相場としては、2万~6万円と幅広いです。メーカーによって価格帯が大きく変わります。

 

・サイズ

・デザイン

・メーカー

が判断材料になりますね。

 

様々なメーカーがゲーミングチェアを発売してるので、どれが良いのか迷うと思います。

そんなときは、Akracing、DXRACERの2つのメーカーから選ぶと良いですよ。品質、機能性ともに良品であることは間違いありません。

 

でも、この2つのメーカーは値段が高いです。安く購入したい場合、GTRACINGのゲーミングチェアもオススメです。

だいたい、2万円~で買ことができます。

 

注意してほしいのが、パクリ製品が多いことです。安すぎるゲーミングチェアは、疑ってみてください。

もちろん、ゲーミングチェアでなくてもオフィスチェアも快適なので、そちらも調べてみると良いかもです。

 

デスク

 

最後にデスクです。

相場としては、2万円~10万円くらいです。机の大きさ、品質、機能性により、値段は大きく変わってきます。

・大きさ

・デザイン

・機能性

 

これは自分の部屋との相性や好みによってオススメは変わります。もともと、家に机がある方なら、買う必要はありません。しかし、高さが合わない場合や、大きさが合わない場合は、これを機に買い替えるのもアリですね。

 

特に、ゲーミングデスクというものなら、昇降機能、滑り止めなどゲームに特化して作られたものなので、オススメです。

でも、ニトリ、サンワダイレクトなどの大手家具メーカーのものでも問題ありません。

高さが合うかどうかは、きちんと考えると良いですよ。

詳しくはこちら↓

おすすめのゲーミングデスク 6選 【PS4にも使えます】 今回は、おすすめのゲーミングデスクの紹介です。 ゲーマーさんなら1台は持っておきたいですよね。豊富...

 

あると便利なもの

 

ここからは、あると便利なものを紹介していきます。先ほどのものと比べると、重要度は下がります。

ですが、あるとゲームをする上での快適性が上がる製品の紹介です。

・マウスバンジー

・モニターアーム

・整ったネット回線

はあると便利ですね。

順に解説します。

 

マウスバンジー

「マウスバンジーって何?」って思いますよね。

カンタンに言うと、マウスのコードをからまらにようにするものです。

 

・デザイン

・種類

・マウスとの互換性

が判断基準になります。

 

もちろん、無線のマウスを使ってる方だったら、買う必要はありません。有線のマウスを使っていると、コードが邪魔ということがあるので、あると便利ですね。

また、マウスバンジーには、種類があり、アンカータイプ、真空吸着タイプ、マグネットタイプの3つがあります。それぞれ、メリット・デメリットがあるので、自分にあったものを買うと良いでしょう。

 

何度も言いますが、あると便利なだけで、なくても大丈夫です。

 

モニターアーム

 

次は、モニターアームです。これは、知っている人も多いのではないでしょうか?

カンタンに言うと、モニターをぶら下げるアームですね。デスク周りがすっきりするので、あると快適ですよ。

 

・アームの動き方

・枚数

・デザイン

が判断材料になります。

 

モニターを机の上に乗せておくのもいいのですが、モニターアームでぶら下げるのもアリです。

モニターが宙に浮くので、机の上がスッキリしますよ。なくても問題ないのですが、あると快適性、見た目がUPします。

 

机の上がゴチャゴチャしたきたタイミングで、買うのもいいですね。

 

整ったネット回線

 

整ったネット回線も必要になります。

特に、オンラインゲームをする方だったら、回線のことはある程度気にしておくといいですよ。

 

ゲームをする方だったら、NURO光、au光などの独自回線がオススメです。回線の混雑が起きにくいので、安定した回線でゲームをプレイすることができます。

夜になると、回線が悪くなるという方も独自回線にすれば解決です。

 

でも、回線を乗り換えるとなると、色々と面倒なので余裕がでてきたらで大丈夫です。他のゲーマーさんに迷惑かけないように、回線のことは考えておくといいですね。

 

現時点で回線が遅いと居方は、下記の記事が参考になります。↓

【 FPSで勝ちたい 】 回線速度を上げたら有利になる!? 【回線を変えれば解決】 今回は、FPSなどのオンラインゲームで使う回線の紹介です。 「ラグすぎてゲームができな~~...

 

回線は目に見えないものなので、難しいのですが、分かりやすく解説していますよ。

 

セットで買うのもアリ

 

ここまで、ゲーミングPCを買ったら必要になるものを紹介してきました。冒頭でも述べましたが、マウス、マウスパッド、キーボードは必須になります。

 

こういったものは、ゲーミングPCとセットで購入すると、お得に手に入れることができます。

 

ドスパラの場合

 

まずは、ドスパラというBTOメーカーを例に挙げます。

ドスパラは、マウスとキーボードを特典として入手できるのでお得ですよ。マウスやキーボードの性能は、決して良いわけではないのですが、かなり安いのでオススメです。

 

例えば、

ゲーミングPC + ガレリアマウス + ガレリアキーボード

みたいな感じです。

ゲーミングPCを初めて買うという方は、ガレリアの安いマウスとキーボードにして、馴れてきたら良いものを買う見たいな感じで良いと思います。

 

ドスパラ公式サイトで確認する

パソコン工房の場合

 

パソコン工房も有名なBTOメーカーですよね。特典が充実しているので、こちらもオススメです。

 

パソコン工房は、多くのプロゲーミングチームとコラボしたゲーミングPCを発売しています。

 

例えば、父の背中という有名なプロゲーミングチームとのコラボPCです。

この場合、『父ノ背中』推奨モードを搭載したゲーミングモニターが付属で選択できるようになります。

これは、4万円をプラスで支払わなければいけないので、決して安くはありません。しかし、モニター自体が高性能なので、オススメです。

良いモニターを手に入れたいという方は、パソコン工房のゲーミングPCを確認してみると良いです。

 

さらに、Logicool G CUPとのコラボPCは、Logicoolのデバイスが付属で選択できます。これも追加で支払わなければいけません。

でも、マウスやキーボードを単体で買うよりは、安く手に入れることができます。

 

こみや
こみや
セット購入という選択肢も考えておくと良いですよ。

 

配信するのに必要な機材

 

最後にゲーム配信に必要な機材を紹介します。

ゲーム配信する予定がないという方は、この記事をとじてもらって構いません。

 

ゲーミングPCを買ったら、ゲーム配信をしてみたいという方は必見です。

必要になってくる機材もあるので、確認しておくといいですよ。

 

・PC

・キャプチャーボード

・マイク

の3つはゲーム配信をする上で、必須となります。

 

順に解説します

PC

 

PCゲームを配信する場合、ゲーミングPCが1台あれば、配信することは可能です。でも、PS4やSwitchなどの配信を考えているなら、PCは必須となります。

 

ここで気をつけてもらいたいのが、PCのスペックです。

CPU Core i 5以上

メモリ 16GB以上

GPU GTX1060 6GB以上

のスペックは必要となります。

 

PCゲームでの配信の快適性は、全てPCのスペックで決まります。

つまり、PCで配信することを考えてるなら、高スペックなPCを購入しておくのが良いですね。

 

キャプチャーボード

 

キャプチャーボードは、PS4・Switch・スマホゲームを配信する際に必要となります。

 

1つ注意してもらいたいのが、PCでゲーム配信をする場合、キャプチャーボードは必要ありません。

でも、2PCでの配信を考えてる場合、必要となってきます。

ゲーム配信でキャプチャーボードは、必須と言われているけど、無理して買う必要はありません。

 

でも、PS4やSwitchでの配信を考えてる方なら、あらかじめ買っておくという選択肢もアリですよ。

 

マイク

 

ゲーム実況をする際、当然ながらマイクは必須になります。自分の声を視聴者に届けられませんからね。

 

ヘッドセットについてるマイクでも問題なくできるのですが、マイクは単体で買うことをオススメします。

高音質なボイスで配信したいですよね。でも、マイクを買うお金がない場合、最初はヘッドセットのマイクでも大丈夫ですよ。

 

配信が慣れてきたら、新しいマイクを買うみたいなかんじで良いと思います。

 

まとめ

 

これでゲーミングPCを買ったら必要になるものの紹介は終わりです。コスト・必要性の2つの観点から解説してきました。

色々と紹介してきたので、頭がパンクしそうという方に向けてまとめます。

 

ゲーミングPCを買ったら必要なもの

・ゲーミングマウス

・ゲーミングキーボード

・マウスパッド

 

余裕がでてきたら必要なもの

・モニター

・ヘッドセット

・ゲーミングチェア

・デスク

 

あると便利なもの

・マウスバンジー

・モニターアーム

・快適なネット回線

 

ゲーム配信に必要な機材

・PC

・キャプチャーボード

・マイク

 

ゲーミングPCとセット購入すると、お得にゲットできることも紹介しましたね。

 

決して安い買い物ではないので、お財布との相談を忘れずに買いましょう。また、必須デバイス以外は、焦って買う必要もないので慎重に検討するといいですよ。

ゆっくりでいいので、デスク周りを強化していきましょう!!

 

こみや
こみや
それでは、良いゲーミングライフをお過ごしください。