ゲーミングPC

ゲーミングPCをゲーム以外で使ったほうが良い理由 【置物にならないようにしよう】

 

こみや
こみや
こんにちは、イエーナです。

 

ゲーミングPCが欲しいという方は、このブログを参考にしてください。

ゲーミングPCって買う前に、スペック、値段、デザインなど様々なことを気にしますよね。

 

でも、

「ゲーミングPCってゲーム以外でも使えるの?」

という疑問がわいてきますよね。

 

確かに、”ゲーミング”という名前が付くと、ゲーム専用というイメージがありますよね。

 

結論からいうと、ゲーム以外でも使えます。

しかし、注意点などもあるため、気をつけて買わなければいけません。

 

ゲーミングPCを買うか、買わないか悩んでる方がいたらこの記事を参考にしてください。

 

ゲーミングPCはゲーム以外でも使えます

 

結論から言うのですが、ゲーミングPCはゲーム以外でも使えます。

なぜなら、ゲーミングPC自体ハイスペックであるからです。

 

具体的に言うと、CPU、グラフィックボード、メモリ、ストレージが一般的なPCと比べても高い性能を誇ります。

ゲーミングPCは、他のPCと比べたら、かなりの上位モデルになるってことだね。

 

特に、グラフィックボードは、圧倒的な性能があり、鮮明な映像でゲームをすることができます。

一般的なデスクトップPCとゲーミングPCの違いは、グラフィックボードの性能だけといっても過言ではありません。

つまり、ゲーミングPCといっても、ゲームのみにしか使えないというわけではないんですね。

ちなみに、メモリやストレージの容量が多いというのも特徴です。

 

こみや
こみや
ゲーミングPCは、普通のPCを強化したやつって感じだね。

 

また、拡張性が高いのもゲーミングPCの良い点でもあります。

これは、デスクトップPCにいえることなのですが、CPU、メモリ、ストレージはいくらでも拡張することができます。

 

こみや
こみや
拡張性の高さもゲーミングPC特有なんだね。

 

ゲーミングノートPCは、基本的に拡張できません。

 

ゲーミングPCを買ったけどゲームをしない

 

ゲーミングPCの失敗談として、「買ったけどゲームをやらない、、、」

というものがあります。

 

具体的に言うと、

・ゲーミングPCを買ったけど、ゲームをする時間がない

・やりたいゲームがなくなった

・置物になった

という失敗談がよくあるそうです。

 

「じゃあ、ゲーミングPCって買わない方がいいの?」

 

全然、そんなことありません!!

ゲーミングPCは、持っておくととても便利なんですよ。

失敗する方に多いのが、ゲーミングPCをゲームするものとしか捉えていないことです。

 

当たり前のことなのですが、ゲーム目的で買うと、ゲームをやめたと同時に置物になりますよ。

 

私のオススメは、”ゲーム以外の用途を考えてゲーミングPCを買う”というのが大事だなと思います。

 

 

ゲーミングPCでできること

 

ここからは、具体的にゲーミングPCができることを紹介していきます。

・動画編集

・プログラミング

・画像編集

・データの保存

・チャート分析

・Word、Excelなどの事務作業

・動画配信

・ブログ執筆

数え上げたらキリがないのですが、普通のPCにできることはゲーミングPCにもできます。

むしろ、それ以上の作業を行うことができるのです。

 

動画編集

まずは、動画編集についてです。

 

一般的なPCでは、動画編集をするとなると難しいのですが、ゲーミングPCだったらできるのです。

その秘密は、高性能のグラフィックボードにあります。

グラフィックボードとは、モニターに画像や映像を映し出すパーツです。ゲーミングPCの場合、子のグラフィックボードが高性能なため動画編集も行うことができるのです。

 

3Dゲームの描写処理も行えるくらいの、ハイスペックなグラボなんだね。

 

ここで注意点なのですが、

・メモリが16GB以上

・CPUがi5・i7以上

のゲーミングPCでないと、動作がもたつく恐れがあります。

いわゆる、ミドルスペック以上の性能は必要ということです。

 

ちなみにですが、安いからと言って低スペックPCを買うということは、オススメできません。

お金のムダになることが多いです。

 

動画配信

PCでゲームをする方だったら、動画配信をする方が多いと思います。

いわゆるゲーム実況ですね。

 

ゲーム実況も基本的に問題なくできますよ。

 

PCゲームを配信するのにも使えますが、PS4のゲームを配信するのにも使えます。

知らない方もいると思うので捕捉しますが、PS4・Switch・スマホゲームを配信するにはPCが必須になります。

 

後々、ゲーム実況にもチャレンジしてみたいという方は、ゲーミングPCは必須になりますよ。

 

データの保存

「データの保存??」

と思うかもしれませんが、これが案外スゴいんです。

 

ゲーミングPCの場合、ストレージの容量が多いため、多くのデータを保存することができます。

具体的に言うと、HDDストレージが1TBくらいですね。

 

スマホで撮った写真や動画もPCに保存できるので、スマホの容量を圧迫することもなくなります。

まった、ゲームを録画した際もかなり長い時間の動画も保存することができます。

 

 

事務作業

ゲーミングPCでは、事務作業もすることができます。

具体的に言うと、Word、Excelを使った作業もできますよ。

 

事務作業だったら、どんなPCでもできるのですが、ゲーミングPCを使っての事務作業もアリなのではないでしょうか?

家での仕事もはかどりますね。

 

私のオススメは、デュアルモニターを使っての作業です。1つのモニターではゲームをして、もう一方のモニターで事務作業をするといった感じです。

 

これもゲーミングPCのように、メモリ容量が大きくないとできないことですね。

 

 

結論、何でもできる

 

ここまでゴチャゴチャと説明してきたのですが、

 

結論! ゲーミングPCだったら何でもできる

と思っていただいて構いません。

 

何でもできるは言い過ぎですが、あなたがやりたいと思っていることは大抵することができますよ。

 

安いゲーミングPCは買うな!

 

ゲーミングPC初心者にありがちなのが、安いPCを買ってしまうということです。

 

厳しい言い方になるのですが、安いゲーミングPCを買ってもお金のムダなのでやめましょう。

 

ゲーミングPCの失敗談として、

・やりたいゲームができない

・カクつく

・起動するのに時間がかかる

というものがあります。

 

この場合、ほぼ低スペックのPCが原因です。スペック不足で新しいPCを買い直すという方も少なくありません。

その結果、最初から良いPCを買った方が安く済んだということもあります。

 

つまり、”安物買いの銭失い”ってやつですね。

 

安いゲーミングPCだと、”ゲーム以外での用途”も狭まってしまいますからね。

確かに、15万~20万円するPCは高いのですが、ケチってはいけないのかなと思います。

 

こみや
こみや
お金の問題は、難しいから慎重にね。

 

むしろ、ゲーム以外での用途も考えて買おう

 

冒頭でも述べたのですが、

ゲーム以外での用途を考えてゲーミングPCを買うというのが大切になります。

ゲームのためだけに買うと、ゲームをしなくなったと同時に置物になりますからね。

 

1つ頭に入れて置いてほしいのが、ゲームはPS4でもできるということです。失敗する方は、これに関して考えていない人ですね。

 

有名なゲームは、ほとんどPS4で遊ぶことができます。

確かに、マウス、キーボードを使ってのゲームって憧れますよね。でも、そのゲームってPS4でもできるよねというのを改めて考えることが大事です。

 

つまり、ゲーム目的のみでのゲーミングPCの購入はオススメしません。

ゲーム以外での用途が明確に決まっていれば、ゲーミングPCが置物になるなんてこともなくなりますよ。

 

目的が定まったらゲーミングPC選びです。

ちなみに、ゲーミングPC初心者に向けて下記で解説しています。↓

 

ゲーミングPCはコレがおすすめ 【 初心者に向けて分かりやすく 】 今回は、初心者向けにおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。 初めてゲーミングPCを買うという方は、必...

 

ゲーミングPCに関することを徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

こみや
こみや
それでは、良いゲーミングライフをお過ごしください。