インテリア

【評判が悪い!?】 バウヒュッテのゲーミングチェアはオススメできるか、、

こみや
こみや
こんにちは、こみやです。

 

今回は、バウヒュッテのゲーミングチェアの紹介です。

 

ゲーミング家具ブランドとして有名なバウヒュッテですが、ゲーミングチェアはどうなのでしょうか?

 

新しいゲーミングチェアが欲しいという方は、ぜひご一読ください。

 

・バウヒュッテのゲーミングチェアを買うか迷ってる

・性能は?

・買う価値はあるの?

・他のゲーミングチェアと比べて?

のような疑問に答えていきます。

 

レビューを見ていると低評価が多いですが、実際どうなのか解説していきたいと思います。

 

こみや
こみや
「ぶっちゃけ買う価値があるのか?」ここで結論を下します。

 

 

 

バウヒュッテ ゲーミングチェアはここがオススメ

 

 

 

カラー 黒・赤・青 黒・赤・青
寸法 幅740×奥行670×高さ1190mm 幅740×奥行545×高さ965mm
タイプ 椅子 座椅子
背もたれ ハイバック ハイバック
重量 21.1㎏ 17.5㎏

 

まず、バウヒュッテのゲーミングチェアの良い点を挙げていくね。

 

日本人に合わせた設計

 

このゲーミングチェアは、日本人の体格に合わせた設計になっています。

 

実は、海外のゲーミングチェアって日本人に合わないものが多いんです。

具体的に言うと、165~180ぐらいの方向けに設計されています。つまり、大柄な欧米人向けに設計されています。

小柄な男性や女性の方には大きすぎるという難点があります。

 

しかし、バウヒュッテのゲーミングチェアは日本人向けに設計されているので、小柄な方にもオススメです。

 

これも具体的に言うと、154㎝~です。

 

日本人でも大柄な方には合わないのですが、一般体形な方には必ずピッタリです。

 

こみや
こみや
日本のメーカーだけあってサイズも日本人向けなんだね。

 

ファブリック生地で蒸れにくい

次に、座面がファブリック生地であることです。

 

普通のゲーミングチェアって、レザー素材になってるもが多いのですが、バウヒュッテはファブリックです。

通気性が良いので、蒸れる心配もありません。

 

正直、長時間同じ椅子座ってると蒸れて気持ち悪くなることがあります。

 

こみや
こみや
高級感は少しなくなるけど、通気性は良いです。

 

自分に合わせて微調整

どのゲーミングチェアでもできるのですが、アームレストやリクライニングなどを動かして自分の好みに調節できます。

調節できるのは以下の

・アームレスト

・リクライニング

・キャスターのロック

 

4Dアームレストなので、上下、左右、前後、取り付け位置の調節ができます。

 

リクライニングは、135度まで倒すことができます。

 

これだけ調節できれば、座り心地も良くなります。自分好みに椅子を調節できるのが、ゲーミングチェアの良いところですね。

 

また、キャスターのロック機能もあります。これはあってもなくてもどっちでもよい脳ですが、合った方が便利ですよね。

椅子を固定できるので安定感は出ますね。

 

付属品と合わせて使える

バウヒュッテの最大の魅力は、付属品が充実してることです。

主に、下記のものと合わせて使うことができます。

 

・オットマン

・シートクッション

・ゲーミング座布団

・ゲーミングデスク

 

全てバウヒュッテの製品で揃えることができます。統一感があって良いですよ。

他のメーカーじゃここまで揃えることはできません。

 

というつ間を求めてゲーミングチェアをバウヒュッテにするのもありです。また、ゲーミングデスクに関しては様々な機能があるので、オススメですよ。

 

詳しくは下記の記事で解説しています。

バウヒュッテのゲーミングデスクはどうなの? 【レビューから見る】 今回は、バウヒュッテのゲーミングデスクの紹介です。 ゲーマーさんなら聞いたことのあるメーカーバウヒ...
ゲーミングチェアにオットマンって必要? 【後付けがオススメです】 オットマン付きのゲーミングチェアが欲しい! 確かに、足を伸ばせたら快適ですよね。また、ゲーム中にお昼寝もで...

https://komiyablog.com/2019/12/19/damegi/

評判は良くない!?

 

他のレビュー記事を見てみると、低く評価してる方もいます。ここまで、良い点を挙げてきたのですがここからは悪い点も挙げていきます。

レビュー

 

Amazonの高評価は76%です。

Amazonのレビューが全てというわけではないのですが、1つの意見としては参考になります。

とても高評価が多いのですが、ここでは低評価の方をピックアップして紹介します。

・イス自体はなかなかいいと思う。アームレストの位置すっごい変えれるし、AKとかDXより日本人向けって感じがする(座面の大きさとか)。背が低い自分的にはこっちの方がいい。

ただ、品質がちょっと、、、

 

・もう少し細かい箇所に目を配らせて作ればいい商品になったと思います。

 

・組み立てで使うネジが非常にかたいです。

 

・80cmくらいある方はAKやDXの方が無難ですね

 

座面が低いよー

 

まず最初のデメリットは座面が低いことです。

 

座面の上下調節はできるのですが、それでも低いと感じる方が多いようです。高身長の方には、少し低いなと感じてしまうようです。

 

具体的に言うと、175㎝より高い方の購入はオススメしません。

そのような方は、AkracingやDxracerのゲーミングチェアの購入をオススメします。

 

逆に言うと、175㎝以下の方にはとてもオススメです。冒頭でも述べましたが、日本人向けに作られているので一般的な日本人体形向けです。

 

作りが甘い?

 

次に目立った意見が作りが甘いという点です。

 

ねじの取り付けがかたい、溝がなくなっていた、ねじ穴がひどいという意見が多かったです。

なので、組み立てが大変という意見が多く見られました。

 

これは、どうしようもないのですが受け止めるしかありません。

座り心地は一級品なのですが、細かい部分を見ると作りが雑であるようです。

 

他のゲーミングチェアと比較してみた

 

次に、他のメーカーのゲーミングチェアと比較してみます。

まずは、有名なDxracerのゲーミングチェアです。様々な種類があるのですが、価格帯が同じゲーミングチェアと比較します。

 

Dxracer ドリフティングシリーズ

 

まずは、DXRです。

これは、Dxracerの中でもグレードが低いモデルになります。

リクライニングがあったりするので、基本的な機能性は同じ感じです。しかし、アームレストは、上下のみの移動しかできません。

 

全体的な機能はバウヒュッテの方が勝ってる感じがします。しかし、品質に関してはDxracerの方が上です。

Dxracerは、作りが巧妙で細かいところまでしっかりと作られています。

 

こみや
こみや
機能性を選ぶか、ブランド性を選ぶかの違いくらいですね。

 

レーシングシリーズ

 

次は、Dxracerのレーシングシリーズと比較していきます。

 

こちらは、推奨身長170~185cmなので、高身長向けのゲーミングチェアです。

ちなみに、値段が5万円します。

 

アームレストは、4Dなのでバウヒュッテと変わりませんね。しかし、フットベースがアルミ製でできているので、耐久性が高いです。

 

素材自体が良いものを使っているので、値段が高くなっているのかなとも思います。

バウヒュッテのゲーミングチェアも耐久性はあるのですが、Dxracerの方も負けていません。

 

値段も高いのですが、それ相応の機能性を備えてるといった感じです。

 

こみや
こみや
高身長の方だったらこれを買っておけば間違いないかな。

 

このように、ゲーミングチェアを買う場合他の製品と比較することも大事になります。

自分がどのような体格で、どのような性能を求めているのかはっきりさせることが大切です。

 

DxracerやAkracingについては、下記の記事で解説しています。↓

【種類が多すぎ!?】 DXRACERのゲーミングチェアでオススメはどれ? 今回は、DXRACERのゲーミングチェアの紹介です。 この記事を読めば、DXRACERのゲ...

 

AKRACINGのゲーミングチェア7種類を解説 【 他のメーカーと比較すると 】 今回は、AKRacingのゲーミングチェアの紹介です。 ゲームをする方なら必須アイテム「ゲーミング...

【結論】 合うか合わないかは体格次第

 

ここで、まとめに入ります。

 

バウヒュッテのゲーミングチェアを買うべき人は下記です。

 

・155~175㎝くらいの身長

・機能性を求めてる

・コスパが大事!

・付属品も揃えたい

という方にオススメです。

 

何度も言いますが、機能性が一級品です。値段もそんなに高くないので、コスパが大事という方にオススメです。

 

しかし、ゲーミングチェアを選ぶ上で一番大切なことが、自分の体格に合っているかどうかです。

一般的な日本人体形の方は、こちらがオススメです。

そうでない方は、DxracerやAkracingのような海外のメーカーのものがオススメです。

 

こみや
こみや
それでは、良いゲーミングライフをお過ごしください。