ゲーミング用品

【レビュー!】 Hyperx Cloud Alphaはヘッドセット初心者にピッタリ? 

クーマロ
クーマロ
こんにちは、クーマロです。

今回は、キングストンの「HyperX Cloud Alpha」のレビューです。

このヘッドセットを購入したのは2019年の10月です。

この記事は2020年11月に書いているので、1年間使用したレビューをお届けします。

・ぶっちゃけどうなの?

・どんな人にオススメ?

・使用感は?

・似てる製品との違いは?

のような疑問に答えていきます。

 

結論から述べるのですが、総合評価はこんな感じです。↓

・ 音質

・定位感

・マイク性能

 

製品スペック

 

重さ 298g
対応プラットホーム PC,Mac,PlayStation 4,Xbox One,Nintendo Switch,Wii U,アナログ接続対応モバイルデバイス
形状サラウンド機能 密閉型
ノイズキャンセリング機能 あり
マイク 周波数応答 50Hz~18,000Hz

 

購入するうえで大事な要素を上の表にまとめました。

まず一番驚くのが、価格の安さですよね。現在のAmazon価格で7880円で購入することができます。

ヘッドセットと言ったら、1万円以上するのが当たり前みたいなところがありますから。この安さには驚きです。

 

さらに、性能も最良です。ノイズキャンセリング機能や密閉機能があるため、周りの音は一切聞こえません。

マイクも他社製品と比べても、良いのがわかります。使用感については記事の後半で解説します。

クーマロ
クーマロ
割といい感じかな。。

 

コスパ最強!?

購入して分かるのですが、コスパの良さはダントツで一番です。

正直、性能にあまり期待しないで買ったのですが、かなり使い勝手は良かったですね。

購入から1年間経っているのですが、他のヘッドセットに浮気することなく使い続けてます。(笑)

 

ちなみに、低音域に特化した感じなので、ゲーム専用といった感じです

音楽を聴くなら、他のヘッドセットを選んだ方がよさそうですね。

開封!!

購入日2019年10月

早速、開けてみました。

 

外箱はこんな感じ。

 

フタを開けるとこんなん。

 

中身は、ヘッドセット、マイク、ケーブル、持ち運び用の袋が同封されていました。

クーマロ
クーマロ
私は持ち運ぶことはないので、袋はいりませんけどね(笑)

持ち運びたいという方には最高の気遣いです。

 

ちなみに、説明書もあったので、設定で困ることはありませんでした。

PS4でゲームをプレイしてみた感想

それでは、私が実際にゲームをしてみてのレビューをお伝えします。今回プレーしたのは、ApexというFPSです。

FPSで大事なのは、足音や銃声が聞こえるかですが、Cloud Alphaを使えば、比較的足音は聞きやすかったです。

 

PS4でプレイしたので、サラウンドは体験できなかったのですが、右と左の区別ができるだけで十分です。

ちなみに、PS4でもミックスアンプと組み合わせるとサラウンドで使うことができますよ。↓

【音質・定位感ともに最強!?】 Sound Blaster X G6 【レビュー】 今回は「Sound BlasterX G6」というUSB DACのレビューをします。 ゲーム用のアンプは色々な種類があって...

 

付け心地も違和感がないので良きです。頭の部分は、クッションになっているので、疲れることもありませんでした。

また、左右の調節幅はかなり広いので、頭が大きい方~小さい方でもフィットすると思います。

唯一のデメリット 蒸れる!!

ほんとに感じたデメリットは蒸れることですね。

春・秋・冬は大丈夫なのですが、夏場は大変でした。

付けれても1時間が限界です。

イヤーパッドがレザー素材なのでしょうがないですが、(笑)

 

夏場はゲーミングイヤホンにするか、エアコンを利かせてゲームをすることを強く推奨します。

比較

クラウドアルファと似た製品ってありますよね。その製品との違いを、解説したいと思います。

 

HyperX Cloud II

クラウドアルファと形が似ているのですが、アルファが後継機モデルとして発売されました。

Cloud Alphaと比べて→音質がやや低い+16g重い

 

音質や重さに関しては、Cloud Alphaの方が勝ちです。値段的にも大差がないので、Cloud Alphaが圧倒的にオススメです。

 

しかし、クラウドⅡは、付属品のイヤーパッドがついてきます。若干、お得感がありますが、あっても意味がないと思うのでいらないかなとも思います。(笑)

 

HyperX Cloud Alpha S


クラウドSは、2019年9月23日に発売されたものです。クラウドアルファの後継機モデルですね。主な変更点は、以下の通りです。

変更点→7.1chサラウンドのUSB DACの追加、ブルーに変化

7.1chサラウンドが追加されたのは大きいですね。

値段は15000円と高いけれど性能も優れています。

PS4やSwitchには、対応していません。

ちなみに、サラウンドはPS4に対応していないらしいので、PCゲーマーにのみオススメできます。

クーマロ
クーマロ
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

普段はTwitterで呟いてるので、フォローのほどよろしくお願いします!