インテリア

AKRACINGのゲーミングチェア7種類を解説 【 他のメーカーと比較すると 】

 

こみや
こみや
こんにちは、こみやです。

 

今回は、AKRacingのゲーミングチェアの紹介です。

 

ゲームをする方なら必須アイテム「ゲーミングチェア」。AKRacingは有名なブランドですね。

 

でも、ゲーミングチェアは高い買い物ですし、購入は慎重に考えたい。

 

そこで、

・AKRacingって実際どう?

・どれを買えばいいの?(オススメは?)

・オットマン付きは?

・GTRACINGとDXRacerとGTRACINGの違いは?

・レビューは?

のような疑問を解決していきます。

 

購入に迷ってる方がいたら、この記事を読んでください。「購入の判断材料」になると嬉しいです。

 

 

 

AKRacingとは

 

まず、AKRACINGについてです。

 

AKRACINGとは、

2004年にレーシングブランドとしてレーシングシートの開発を行いました。その後、レーシングシートの開発で培った技術でオフィスチェアの開発を行っています。それが、ゲーミングチェアとして有名ですね。

また、100名以上の技術専門家・デザイナーチームがデザイン、製造を行っているので、座り心地も最高です

 

そんなAKRACINGですが、ゲーミングチェアブランドとしてはNO.1かNO.2ぐらいの立ち位置ですね。

 

有名なブランドとしてはAKRACINGとDXRacerです。ゲーミングチェアを買うならこの2つのブランドがオススメです。そのぐらい、信頼のおけるブランドなんですね。

 

また、元々レーシングカーの椅子のデザインを行っていただけあり、安心感も最高です。

 

こみや
こみや
どのブランドにするか迷っているならAKRacingがオススメだよ。

 

 

リクライニングは180°

 

Akracingのゲーミングチェアは、リクライニングの角度が全て180°になっています。つまり、ゲーミングチェアで寝ることができるんです。

 

まあ、ゲーミングチェアで寝る人はいないと思いますが、座り方のバリエーションも増えていいですよね。

 

「180°のリクライニングって当たり前じゃん」と思うかもですが、案外そうでもありません。

例えば、DXRacerのゲーミングチェアは、150°までしか傾けることができません。

 

 

ゲームで疲れ時も椅子を倒して休憩できますね。

快適すぎるクッション

 

Akracingのゲーミングチェアは、クッションが常備されています。

 

具体的に、ヘッドレスト、ランバーサポートと呼ばれたりします。ヘッドレストは、頭に置くクッションで、ランバーサポートは、腰を保護するクッションです。

 

この2つが常備されているのは、嬉しいですよね。また、取り外しも可能です。

 

その他の特徴

 

1つ1つ紹介していたらキリがないので、特徴をザっと挙げていきます。

・高さ調節機能

・ロッキング機能

・上質な素材

・自由なアームレスト

・高品質なガスシリンダー

・ポリウレタン製キャスター

・安全性、耐久性の高いフレーム

細かい特徴を挙げたらこんな感じです。

 

この通り、Akracingのゲーミングチェアは品質が良いですね。大手ゲーミングチェアメーカーなので、安全性や耐久性が高いのも特徴になります。

 

こみや
こみや
ゲーミングチェアメーカーの中でも、上位に入る品質だよ。

 

次は、Akracingのゲーミングチェアを全て紹介していきます。

Akracing 全7種類を解説

 

全部同じ見た目に見えるゲーミングチェアですが、多くの種類があります。AKRacingの場合、7種類あります。

・Nitroシリーズ

・OVERTRUEシリーズ

・Premiumシリーズ

・Pro-Xシリーズ

・Wolfシリーズ

・極坐シリーズ

・ONE PIECEシリーズ

Nitroシリーズ

 

・一番スタンダード

・適度なホールド感

・1Dアームレスト

・180度のリクライニング

・全5色カラー

まずは、Nitroシリーズの紹介です。

 

これは、AKRacingの中で一番スタンダードなモデルです。

 

専用設計のウレタン、体圧の分散、背中のホールド感など様々な機能を備えています。

体を包み込みような感覚で座ることができます。

 

カラーは、レッド、ブルー、グリーン、オレンジ、ホワイトから選べます。

 

Premiumシリーズ

 

・180度のリクライニング

・座面沈み込み

・3Dのアームレスト

・座面チルト機能

・全3色カラー

 

Premiumシリーズは、とにかく進化を遂げた最上位モデルです。機能面・デザイン面ともに優れています。

人間工学に基づいて設計されているため、疲れることは少なくなります。

 

肩には、シリーズの中で最も分厚いクッションを使用しているため、優しい座り心地で受け止めてくれますよ。

 

さらに、座面が沈み込むことにより臀部や太腿にかかる負荷を背中・腰に分散させることができます。

 

3Dアームレストは、前後・回転・高低を動かすことができます。

また、カラーは、シルバー、カーボン、レイブンの3色があります。

 

こみや
こみや
AKRacingの中で一番の品質だよ。

 

Pro-Xシリーズ

 

・180度のリクライニング

・4Dアームレスト

・ゆったりとした座り心地

・がっちり体形の方にオススメ

・横幅550mm、背もたれ部の高さ950mm向け

・全4色カラー

 

Pro-Xシリーズは、ホールド感が少なくゆったりとした座り心地が特徴です。

 

シート、背もたれ部分にウレタンフォームを使用し体圧を分散することができます。長時間座ってると疲れてくるなんて方にピッタリです。

 

また、がっちりした体系の方にピッタリです。

 

カラーは、グレー、ホワイト、レッド、ブルーの4色から選べます。

 

OVERTRUEシリーズ

・180度のリクライニング

・1Dのアームレスト

・スタンダード

・全6色カラー

OVERTRUE=序曲です。

コンセプトは、「静寂の中から生まれる新しい音」

 

こみや
こみや
なんか、かっこいですよね。

 

このゲーミングチェアは、わりとスタンダードなタイプです。180度のリクライニング、昇降のみのアームレストなど機能性も充分ですね。

 

カラーは、レッド、ブルー、パープル、ピンク、ホワイト、ブラックの6色から選ぶことができます。

 

Wolfシリーズ

 

・180度のリクライニング

・1Dのアームレスト

・ファブリック生地

・日本人向け

・全3色カラー

 

AKRACINGのゲーミングチェアの中でも特殊な部類に入ります。

 

普通のゲーミングチェアはレザー生地が多いのですが、Wolfシリーズはファブリック生地です。そのため、夏にはさらりとした感触、冬はぬくもりを感じることができます。

 

レザー生地だと蒸れやすいというデメリットがあるのですが、ファブリックはそんな心配はいりません。

 

次に、日本人向けに設計されている点です。ゲーミングチェアって外国人向けに設計されているものが多く、小柄な日本人に合わないというのがよくあります。

 

しかし、Wolfシリーズは、日本人向けに座部までの高さを低めに設計してあります。

 

また、値段も安価なためゲーミングチェア初心者にピッタリです。

 

カラーは、レッド、グレー、ホワイトの3色があります。

 

極坐シリーズ

 

・180度のリクライニング

・2Dのアームレスト

・360度の座面回転

・全3色カラー

 

こちらは、座椅子タイプのゲーミングチェアです。ローデスクを使ってる方にピッタリですね。

 

特徴としては、座面が360度回転することです。自分の向きたい方向にすぐに向けるのが良いですね。

また、リクライニングもほぼ180度まで傾けられるので、「寝る」なんてこともできますよ。

 

カラーは、レッド、ブルー、グレイの3色があります。

 

こみや
こみや
ちなみに、座椅子のゲーミングチェアの中では、最高峰の性能だと考えています。

 

 

ONE PIECEシリーズ

 

・180度のリクライニング

・1Dのアームレスト

・全5色カラー

・タイトルロゴとキャラクターごとに刺繍で再現

 

ワンピースとコラボしたゲーミングチェアです。

 

こみや
こみや
ワンピース好きは、絶対勝った方が良いです。

 

機能性は、リクライニング、昇降のみのアームレストなどが備わっています。

また、座り心地も最高ですよ。

 

キャラクターは、ルフィ、ゾロ、サンジ、ウソップ、チョッパーの中から選べます。

 

 

Akracingで比較

 

AKRACINGのゲーミングチェアは7種類もあるので、どれを買うか迷ってしまいますよね。

 

「で、どれがオススメなんだよ!」

と思うかもしれません。

 

結論は下記です。

・機能性が一番(筆者オススメ!!)→Premiumシリーズ

 

・普通のゲーミングチェアが欲しい!→Nitro、OVERTRUEシリーズ

 

・がっちり体形の方→Pro-Xシリーズ

 

・通気性が欲しい→Wolfシリーズ

 

・座椅子が欲しい→極坐シリーズ

 

・ワンピース大好き!→ONE PIECEシリーズ

 

一番オススメは、Premiumシリーズです。なぜなら、機能性がダントツで高いからです。

しかし、値段も60000円と一番高いです。お金に余裕のある方にオススメですね。

 

ゲーミングチェアにこだわりが少なく、普通のものが欲しいという方は、Nitro、OVERTRUEシリーズがオススメです。

値段も40000円と割と安いですね。

機能性も充分に備わっているので、安心してください。

 

Wolfシリーズは、ファブリック生地で通気性が良いのが特徴でしたね。蒸れるのがイヤという方にピッタリです。

しかし、レザーのような高級感は損なわれます、、

 

Pro-Xシリーズは、がっちり体系の方向けです。締め付け感が少なく、ゆったりと座れるのでゆとりをもって座れますよ。

 

 

Akracingのデメリット

 

ここまで、Akracingの良い点だけにピックアップして紹介してきました。でも、デメリットもあるので紹介します。

 

私の思うAkracingの悪い点は、とにかく値段が高いことです。一番安いモデルのデモ、4万円以上しますよね。

もちろん、お金に余裕のある方だったらAkracingのゲーミングチェアを買うのは全然アリだと思います。

 

しかし、高校生・大学生なんかは、使えるお金にも限界がありますよね。そんな方からしたら、ゲーミングチェアに4万円を出すのは少し抵抗があるはずです。

 

そんな方は、安いゲーミングチェアでも問題ないと思います。

例えば、GTRACINGやE-Winというメーカーだったら、2万円くらいで買えますからね。品質も問題ないです。

安いゲーミングチェアは、探したら結構ありますよ。

 

こみや
こみや
Akracingは、値段が高いのがデメリットなんだね。

 

他のメーカーと比較

 

次に、他のゲーミングチェアメーカーとの比較です。

 

よく聞かれるのが、

「ほかのメーカーと比べるとどうなの??」

です。

そこで、有名なゲーミングチェアメーカーである、DXRacer・GTRACINGと比較していきます。

 

結論は下記です。

DXRacer→自分の体形にあったものを選べる

 

GTRACING→とにかく安い

 

 

DXRacer

 

DXRacerの一番の特徴は、自分に合ったゲーミングチェアを探しやすいという点です。

なぜかというと、Akracingと比べると種類が多いからです。

 

具体的に、

・フォーミュラシリーズ

・ドリフティングシリーズ

・レーシングシリーズ

・ヴァルキリーシリーズ

・キングシリーズ

・クラシックシリーズ

・クイーンシリーズ

大まかな種類は、7つあります。

 

これだけでなく、フォーミュラシリーズの中に、DXR、DXZ、DX-57などにも分かります。

 

つまり、細分化すると全部で14種類にもなります。1つ1つのデザインや機能性も異なるので、自分に合ったゲーミングチェアを見つけやすいという特徴があります。

特に、デザインに関しては、こだわりが深いなという感じです。

 

正直、”Akracingとどっちが優れているか”は、決めることができません。(マジでどっちも良いメーカー)

 

DXRacerについては、下記の記事で解説しています。↓

 

【種類が多すぎ!?】 DXRACERのゲーミングチェアでオススメはどれ? 今回は、DXRACERのゲーミングチェアの紹介です。 この記事を読めば、DXRACERのゲ...

 

Akracingにも劣らないメーカーなので、ゲーミングチェアを探してるという方は、ぜひ参考にしてください。

 

GTRACING

 

次に、GTRACINGとの比較です。

 

GTRACINGの特徴と言ったら、コスパの良さです。

具体的に言うと、18000~30000円蔵の範囲で買うことができます。Akracingの場合、安くても3万円はします。それと比べても、値段の安さには驚きです。

おそらく、中国製のゲーミングチェアなので、ここまで安く生産できるのかなとも思います。

 

Akracingと比べると、作りが甘いと感じるかもしれません。かといって、メチャクチャ悪いという感じでもありません。

 

値段が安いので、多少の不良品は受け入れる覚悟がいりますね。

 

GTRACINGについても下記で解説してます。↓

 

【買って損はなし!】 GTRACINGのゲーミングチェアはどう? 【コスパを重視するならおすすめです】 今回は、GTRACINGのゲーミングチェアの紹介です。 ・ゲーミングチェアを買いたいけどお金がない ...

 

オットマンはいらない!

オットマン=足置き

ここまでAKRacingのゲーミングチェアを全て紹介してきました。

気づいた方もいると思いますが、オットマン付きが一つもありません。でも、心配する必要はありません。

 

オットマンは全て後付けできます。

 

 

これを椅子の前に置くだけでオットマンの完成です。すべての椅子をオットマン付きにできるのは良いですね。

これはAKRacingのゲーミングチェアだけでなく、他のゲーミングチェアや椅子でも使うことができます。

 

オットマン付きのゲーミングチェアを探してる方がいたらこちらを参考にしてみてください。↓

 

ゲーミングチェアにオットマンって必要? 【後付けがオススメです】 オットマン付きのゲーミングチェアが欲しい! 確かに、足を伸ばせたら快適ですよね。また、ゲーム中にお昼寝もで...

 

みんなのレビュー

 

ここからは、実際に使ってみた方のレビューを紹介します。Amazonのレビューは母集団が多いので、参考になりますね。

 

 

良いレビュー

・正直な感想、座り心地、高さ、質感、とても良いです。

・42000円とかなりお高めの値段ですがその分良い点が多くありました

・レザーの質感、座り心地とも最高です。

・広々としていて余裕をもって座れます。

・組み立てもカンタンなので、迷うことはないでしょう。

 

悪いレビュー

・2.5万円に椅子としてなら★5の評価ですが4万円ほどすることも考えると★3です。

・また価格のわりにプラスチック部分の出来が安っぽくていまいち。

・座面のシートがぼろぼろに剥がれ始めました2019年7月現在。

・2年使ったら座席の革がポロポロとめくれてきました。他の所は大丈夫です。

 

 

圧倒的に良いレビューが多かったのですが、一部悪いレビューもありました。

1.不良品が混じっている、、、

2.長年使っているとボロボロになる、、、

 

不良品に関しては、メーカに問い合わせてパーツを交換すると良いでしょう。

 

経年劣化に関しては、避けようがありませんね。

具体的に寿命が何年かは分かりません。劣化に関しては受け入れるしかありません。

 

こみや
こみや
大事に使ってあげてね。

 

 

また、人によっては、サイズが合わないというのも一部ありました。これに関しては、買う前に試座をしないと本当に自分に合っているのかは、判断できませんよね。

 

 

でも、ゲーミングチェアの試座ってけっこう難しいんですよね。都会の家電製品屋とかにいけば、一部置いてあるくらいです。

地方の場合は、試座するのは厳しいかもしれません。

 

知り合いに持っている人がいたら、座らせてもらうとこもアリですが、、

 

こみや
こみや
それでは、良いゲーミングライフをお過ごしください。