水筒

ストロー付き水筒はこれに決めた!【大人から子供まで使えます】

 

こみや
こみや
こんにちは、こみやです。

ストロー付きの水筒が欲しい方は必見です。

 

「ストロー付きの水筒で調べると圧倒的に子供用が多い、、」なんて思った方いませんか?

確かに、子供用の商品が多いのですが大人用もあるので安心してください。

 

そこで、今回は

・ストロー水筒のメリット・デメリット

・洗い方

・ストローの替えについて

・ストロー付き水筒のおすすめ

について解説していきます。

 

子供用の水筒も紹介するのですが、大人用を中心に紹介するね。私もストロー付き水筒を使っているのですが、色々と便利なのでオススメです。

それでは、具体的に解説していきます。

 

こみや
こみや
ぜひ、最後までご一読ください!

 

水筒をストロー付きにするメリット・デメリット

 

メリット

 

こぼれない

 

ストロー付き水筒のメリットは、中身がこぼれない点です。子供が直飲みタイプの水筒を飲むと服までビショビショなんてことがよくあります。

ストロー付きは、吸うだけなので、その心配も要りませんね。

大人の方でも、オフィスにいるときや運動中でも簡単に飲めるのでオススメです。

 

量の調節がしやすい

 

次に、量の調節がしやすい点です。水筒を飲んでる時って、思ったよりもガブガブ飲んでしまうことってありますよね。

しかし、ストロー付きの場合は、少しずつ飲めるので水筒の中身がすぐになくなることも少なくなります。

子供も少しずつ飲むことができるので安心です。大人の場合、自分の適量を素早く飲むことができるので運動中にオススメです。

 

デメリット

 

汚れやすい

 

ここまでメリットを挙げてきたのですが、当然デメリットもあります。それは、汚れやすいことです。

水筒は、溝がある所や細かい隙間に茶しぶなどの汚れが溜まりやすいです。ストロー付きの場合、ストローの内部などに汚れがたまりやすいか傾向にあります。

毎回、綺麗に洗ってあげればいいのですが、その手間も面倒くさいですよね。特に子供の場合、カビなどの汚れには気をつけないといけません。

 

確かに、水筒って洗うのが面倒、、
僕の場合、適当に洗ってるから汚れてるな笑具体的な洗い方、ストローの替え方も後で説明するね。

 

熱いものはいれづらい

 

最後に、熱いものは気をつけて入れないといけません。ストロー付きで熱いものを飲むとマジで火傷します。直飲みタイプなら熱くても調節して飲むことができるのですが、ストロー付きだとそれができません。

私の場合、勢いよく吸い込んだら口の中を大火傷したことがあります。子供の場合は、熱い飲み物を入れられないように注意しましょう。

大人の場合は、注意して飲めばいいのですが、火傷のリスクはあるので気をつけましょう。

 

お手入れ方法

 

洗い方

 

まずはストロー付き水筒の洗い方です。ストローの内部などは汚れが溜まりやすいので、念入りに洗いましょう。

私が使ってるのはこちらのキュキュットクリア泡スプレーです。これがすごく便利なんです‼️

 

 

CMでもやっているのですが、「ブラシが届かない所でもスプレーするだけ」ってやつです。こすらず洗い流すだけなので便利すぎます。

最初は、疑っていたのですが本当に汚れが落ちました。水筒だけでなく、洗いづらい隙間などにも使えます。

 

また、キッチンハイターでのつけ置きもできます。2週間に1度くらいのペースで除菌してあげましょう。

 

ストローの替えはどうする?

次に、ストロー替えについてです。子供が使ったりするとストローを噛んでボロボロにしてしまうことがあります。

壊れやすい部品でもあるので替えが必要になるでしょう。

しかし、メーカーによって替えがあるものないものに分かれます。買う前にストローの替えがあるのかきちんと確認しておくことをオススメします。

ストロー付き子供用水筒 おすすめ

 

子供がストロー付きの水筒を買う場合、デザインで決めてあげましょう。
人気のシリーズだとディズニーやスヌーピーですね。

 

ストロー水筒 ディズニー

 

 

 

ストロー水筒 スヌーピー

 

子供用はAmazonや楽天で豊富に販売しています。

 

「水筒 子供 キャラクター名」 で検索すればたくさん出てきますよ。

 

ストロー付き 大人用 おすすめ

 

最後に大人用の水筒の紹介です。

 

サーモス 水筒 400ml 真空断熱ストローボトル

サーモスの真空断熱ステンレス魔法びん構造で、保冷力抜群のステンレスボトルです。

ちなみに、保冷専用です。

こちらは、大人にも合うカラーで作られています。運動時や仕事などで使えますね。

 

BOTTLED JOYストロー ボトル

 

こちらも、スタイリッシュなデザインですね。

耐熱温度は-10~94℃、耐冷温度は-10℃以上です。お湯を入れても、氷を入れても問題ありません。

ただし、お湯は飲む時に注意してください。笑

 

Tinybly ボトル 水筒


Tinybly ボトル 水筒

 

こちらは、カラーが豊富なので自分の好みに合わせて選んでみてください。また、サイズも450ml 650ml 1000mlの3種類から選べます。

耐熱温度:-10℃~96℃

 

水筒をストロー付きにしてオシャレな大人デビュー!

 

ストロー付きの水筒って子供向きのものが多いのですが、大人が使っていても何も問題がないですよ。

スポーツやランニングをしてる方が使うことが多いようですが、普段使いもできます。
また、ストロー付きを使ってると、なんかオシャレに見えませんか?

プラスチック製の水筒はこれを使え!【衛生とか気にしなくていいです】 今回は、プラスチック製の水筒の紹介です。 プラスチックの水筒ってメリットがたくさんあります。 しかし...
炭酸が入れられる水筒おすすめ3選! 【炭酸を入れてはダメな理由は?】 「水筒に炭酸水を入れたい!」 これは、私が子供の頃からの夢でした。炭酸水を入れたいけど、入れちゃダメ!とよく言われ...
チタンの水筒はいかが? 【直火で温められます】 この記事を見てるということは、チタン製の水筒が欲しいのですよね! チタンの水筒って魅力がいっぱいで...
【保冷できる】スクイズボトルのおすすめ10選 【洗い方・どこで売ってる?】 今回は、スクイズボトルの紹介です。スポーツをしてる方なら1本は持っておきたいですね。 でも、スクイズボトル...