インテリア

安くて丈夫な本棚ってあるの?【マル秘収納法も教えます】

 

みなさん、本棚っていくらすると思いますか?

 

だいたい5000円~10000円ぐらいですよね。でも、「高すぎる」と思うかもしれません。

 

さらに、こんな疑問も多いはずです。

「どれを買ったらいいの?」

「本棚ってちょっと高すぎる…」

「安くても大丈夫なの?」

 

結論を言えば、本棚はなるべく高いものを買った方が、質・機能ともに優れているものが多いです。

また、安い本棚は質が低いものが多いです。しかし、この記事では、安くても最低限の質と機能を兼ね備えた本棚を紹介していきます。

 

 

 

こみや
こみや
記事の後半で、本の収納法についても教えるね。

 

 

安い本棚がほしい 本棚の選び方

 

安い本棚に限ったことでは、ないですが本棚を選ぶ際に気を付けることがたくさんあります。

 

場所で選ぶ

ワンルーム、和室、リビング、子供部屋などどこに置くのかを考えましょう。

 

どこに置くかによってカラー、サイズも変わってきます。例えば、ふつうのリビングにアンティーク調の本棚があったら変ですよね。

 

よく、見た目や機能で本棚を買って、置くスペースがないということがよくあります。

買う前の準備として、サイズは必ず確認しましょう。

 

 

種類で選ぶ

 

次に、どのようなタイプの本棚か選びます。ここが一番の迷いどころではないでしょうか。

ちなみに、種類によって値段も大きく変わってきます。

 

オープン式

 

前面扉がないため出し入れが簡単なオープン仕様の本棚です。

 

本だけじゃなく、小物を置けますし、おしゃれな雑貨も置けます。

使い方が自由自在ですね。

 

 

背板のないタイプもあります。前後から収納できて便利だし、おしゃれにインテリア収納が

できるのもいいですね。

 

 

スライド式

この本棚の特徴は、コンパクトかつ大量収納です。部屋にスペースがないという方にぴったりです。

 

他の本棚と違うのは、奥に収納した本もすぐに見つけられることです。

 

この本棚に収納している本はどこに入れてもすぐに取り出せるので、すごく便利です。

 

 

ただし、棚板の可動域が狭く、奥ゆきもないので、大判の本には向きません。

 

コミックや文庫本、新書本をたくさんお持ちの方にはぴったりです。

 

 

ディスプレイ式

 

扉付きキャビネットの扉が上下に開閉するタイプです。この上下開閉式の扉を「フラップ

扉」と呼びます。

 

本の表紙を見せて、並べる(ディスプレイ)することができるので、ディスプレイタイプと

呼んでいます。

よく美容院とかに置いてあるやつです。自分の家に置いていたら、すごくオシャレに見えまね。

 

デメリットとしては、置けるスペースが狭いということです。自分のお気に入りの本、写真集などを飾るのに向いています。

 

 

回転式

名前の通り、くるくる回転する本棚です。

 

設置場所に余裕がなくてもコミックなどある程度の本が収納できる優れものです。

全ての本の背表紙が確認できるので、いつでも取り出しやすいというのが最大の利点です。

 

収納量は少なめなので、すでに本棚をお持ちで追加購入を検討されている方、ワンルームで

置き場がない方に向いているのではないでしょうか。

 

 

 

 

ここでは、代表的なものを4つあげました。しかし、種類はまだまだたくさんあるので、自分のお気に入りを見つけてみてください。

 

 

安い本棚 おすすめ

 

「安い!!」にこだわって、本棚を選びました。見た目は、イマイチかもしれませんが、品

質・機能は一級品です。

 

山善 ウッドラック パイン材

これは、安い本棚の中で一番オススメの商品です。

 

形がおしゃれですよね。しかし、形だけではありません。

棚板は3cm間隔で3段階調節ができます。置くものの高さに合わせて調節できるのがいいですね。

 

 

角は、丸みをもたせた優しい設計になっています。形もコンパクトでどこにでも置くことができます。

 

 

こみや
こみや
自然の木目が暖かでいいね。

 

山善 収納ラック

 

次は、山善からの本棚です。

 

形は、先ほど挙げたものと似ていますね。

でも、カラーのバリエーションが全13色になっています。

 

自分の部屋のテイストに合わせて選べるので、おすすめです。

 

 

山善 コミックラック

 

この本棚は漫画を収納するやつですね。

 

しかし、横に大きめの本も収納できます。1つで2つの種類の本が収納できるのがいいですね。

 

値段は4500円と少々高くなるのですが、機能面は一番です。

 

 

本棚いらない? 安く済ませる収納術

 

安い本棚を買うのもいいのですが、本棚以外での収納も紹介します。

 

本棚を買わないで、収納できるので圧倒的に安いです。

 

カラーボックス

まずは、カラーボックスを利用する方法です。カラーボックスは安値でおすすめです。

また、シンプルで使いやすいのが特徴です。

 

さらに、サイズやカラーの種類が豊富なので、自分の部屋のテイストに合わせて買えるのがいいですね。

 

本だけでなくフィギア、写真、など飾るのもおしゃれです。

空いたスペースに手軽に置けるので置き場所も問題ないと思います。

 

 

 

 

テレビ台の下

次は、テレビボードの下に置くやり方です。

 

これは、テレビボードの下にスペースがないとできないのですが、これができればたらスペースの最大有効活用です。

 

おすすめの形としてはコの字型になっているものです。

テレビボードを買うと検討中の方は、ぜひ考慮にいれるといいかもです。

 

 

ブックスタンド

次は、ブックスタンドによる置き方です。これは、あいた机のスペースなどどこにでも本を並べることができます。

 

ブックスタンドのバリエーションは非常に豊富です。おしゃれなデザインのものを選べば、インテリアとしても楽しめます。

 

 

 

ちょい置き即席シェルフ

 

最後に私が買ってよかったものを紹介します。

 

それがちょい置き即席シェルフです。コの字型が特徴です。

ブックスタンドと機能は似てるのですが、上の棚には、置物など色々置けるてんがオススメです。

 

 

 

これで安い本棚の紹介は終わりです。

本棚は、なるべく高いものを買った方がいいのですが、先ほど紹介したものもおすすめです。

また、収納のもこだわって、安くすませるのもいいですね。